blogofkira

日常生活で思ったことを書いています。

心に余裕を持つには

余裕を持ちたいあなたへ


前の記事で書いた【自信をもって上手くいく自分になるために】の続きです。

 自分に自信をもち、あせり、不安を取り除いですよね。

www.mimi7blog.work

 前記事では…

自分に自信を持つことが大事と書きましたが、自分に自信をもつ

ことをすんなりできる人とできない人、、2通りに分かれてしまいます。

 

では両者を比較すると…

 ・自信をもつことが

すんなりできる人は…愛されて育った人です。

愛されて育った人は人を愛することも自分も愛することもすんなりとできるため、

自分を愛することができます。よって自分を信じることがすっとできるのです。

 

・自信のない人は両親や家族などに言葉の暴力を受けたり、ひどい時は虐待されたりと

不遇を経験した人です。

後者の方は自分で自分を愛すること(自信をつけること)をしないと自分がお子さんを授かった時にどう接していいかわからなくなります。

愛されて育った方は人を愛することができるけど愛されないで育った方は愛し方がわからないのです。(子供を愛さない親はいないですけど接し方に問題がある場合のことです。)

 

後者の方は自分を信じられないため、並大抵ではない苦労をします。

自分が信じられないと明るい未来を想像できにくくなります。

まず自信のない人の心の状態を図で示しますと‥

f:id:mimi7tan:20200213194141p:plain

左の人が自信のない人の心の状態です。右は自信のある人です。絵ヘタですが…

心が体と一体していない状態です。

左の人の状態は医療用語でいいますと「離心」です。心が離れようとしているから離心です。

自分を信じていないので心が外に向いています。自分に起こる出来事を外のせいにする傾向があります。自分を肯定してない状態ですね。右の人は肯定してるので点をいれました。自分を認めている状態です。

 

さらに自信のない人は近い未来に起きる出来事に希望がないです。心の状態でいいますと自信のある人は上向きです。執着などしないで軽く物事を考えられます。

心に余裕があるのです。よいことばかり考えれます。

 

自信のない人は少し先の想像出来る未来を考えてしまいます。

 

まず自信のない人が自信をつける状態になるには自己啓発書をいっぱい読んだり

心のトレーニングが必要です。

自信を持つには「認知」が必要です。

精神科的な意味合いを持つ言葉でもあります。

メンタル的な問題を解決するには「認知」は重要です。

それを何回も何回も繰り返し、心に刻み付けます。

メンタル的な記事は過去記事にもあります。

 

www.mimi7blog.work

 

自信のない人はいつも不安感やあせりに悩まされています。状態によってメンタル的な病気と区別されます。

「自分は幸せになる」と心の中で何回も唱えたり言葉に出したりすると潜在意識が働き、ヒントを与えてくれます。うまくいく自分を少しでも想像出来たらしめたもんです。

焦ると余計なエネルギー使うしよいことがないです。余裕を持つには自分を認めることが大事です。認める=よいことを想像出来る自分です。

ここまで読んで頂いてありがとうございました☆彡

 

 

 悪いことを考えたら「だけど自分は大丈夫と」。。と

心の中で唱えてあげましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村