blogofkira

日常生活で思ったことを書いています。

訳ありの人だって働けるおすすめお仕事

私たちが生きていくうえでお仕事って必要不可欠ですよね。

 

お仕事をしたくてもなかなか会社に受からない人はいます。私も含めてですが・・。

自立するには企業に受かることが先決です。

お仕事のできる年齢になってもいつまでも親の世話になるわけにもいきません。

親だっていつまでも元気な訳ではないのですから・・。中年引きこもりもよく聞きます。

引きこもりの人で親に頼っている人っていますよね。(そうでない人もいますが・・。)

 そういう方たちにおすすめのお仕事は・・

製造のお仕事です。

訳ありの人に私が製造のお仕事をすすめる理由

何かしらの理由で社会復帰したい人に製造のお仕事をすすめるのは・・製造のお仕事は受かりやすいからです。

仕事の難易度も低いです。ただ製造のお仕事は精神的にきついのも確かで危険も伴い、

離職率も高いです。

ただ!!生きていくにはやっぱりお金が必要です。私がいった訳ありの人とは…

●ひきこもり、●情緒不安、●前科あり、●情緒不安、●中学卒業程度、●病歴あり(精神疾患など…) などいろいろあります。

みなさん、製造のお仕事に対して単調でつまらないって思う方が多いと思いますが、

訳ありの人にとってはとてもありがたいお仕事なのです。

 

f:id:mimi7tan:20190915232811p:plain

公務員のように素性を調べられるわけでもなく、お給料は接客業に比べて少し高めです。接客業はお仕事などに楽しさが加わる分お給料は低めです。しかも接客業のフルタイムとなると週休二日は難しいです。それは会社全体にお金が少なくフルタイムの人を入れることによって1人で1.5人~2人分の仕事量を求められるからです。しかも何かの理由で休むとブーイングの対象になります。製造のお仕事人数がそろっているのでお休みに関しては寛容です。 それでも社会常識としてお休み以外に休むのは頻繁だとだめだと思います。

受かるために。。

履歴書の書き方

まず職業安定所の人に検索して指導を受けてもらう

過去記事にも書きました。

 

www.mimi7blog.work

 これが1番なのですが職安に行くにもなかなか行けない人っていますよね。

しかも職安の人って長続きしないと偉そうに注意してくる人いますっ。。

世の中には信じられないブラック企業があることをその人たちは知らないのです。

転職続きの人や職安の人たちともしゃべるのに対人恐怖な人もいます。

そんな方のために…

○○会社入社   ・正社員として自動車部品

○○会社退社    組立業務

と書いたりすると面接官も聞く手間が省けます。面接を早く終わらせる意味合いも

あります。

私は製造の仕事希望の履歴書を書いた時に職安の特別担当の人からこういう志望動機を教えてもらいました。

  体力に自信があり、決められた仕事をコツコツとやることが好きです。製造作業員としてお客様に喜んで頂ける商品をお届けできる様、貴社の一員として精一杯頑張りたいと思います。 何卒宜しくお願い致します。

う~んさすがですね。専門的なので文章力が違います。

この会社の応募に関して結局前に行ったところなので履歴書を提出しないで受かって

いましたがこの志望動機だと製造のお仕事じゃなくても受かるような気がします。

体力に自信があるというのは企業にとってプラスイメージになります。事務職でも

体力ないと仕事にならないです。立ち上がって貧血起こされますとね。。

後細かい面では職歴の後に以上と書くことです。

志望動機

前文で志望動機書きましたが製造といってもいろいろあります。

食品加工、野菜カット、水産加工、自動車部品、機械部品、化粧品、etc…

例えば食品加工なら

料理が好きで皆様に喜んで頂ける製品をお届けしたいという思いから今回応募させて

頂きました。

志望動機欄に会社との関連性を書くと受かる率がアップします。

理由 その会社との関連性を書くとその会社に入社したいという思いが伝わるからです。貴社の製品が好きで‥でもよいです。関連性を書かないとどこでもいいという風にらえられます。例えば志望動機を聞かれたときに会社から近いので…というと「じゃあどの会社でもいいのでは?」という風に捉える面接官もいます。それと同じ原理です。

 

服装

スーツが無難です。スーツと私服の面接だとスーツの方が意気込みが違って見えるからです。

f:id:mimi7tan:20190916004320j:plain

f:id:mimi7tan:20190916004401j:plain

労働力とに引き換えにお金を頂くわけですから正装が好ましいです。

 本当は職業安定所の人に指南を受けるのがよいのですがそれも諸事情で…という人のために記事にしました。

この記事が誰かの役にたってくれたら嬉しいです(*^^*)

読んで頂いてありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村